• 会期2019年7月16日2019年9月30日
 斎藤茂吉は、その生涯において約一万八千首の短歌を作りました。そのうち鳥」を詠みこんだ歌は約七百六十首、鳥の種類は六十種以上にのぼります。  本展では、茂吉が短歌に詠みこんだ「鳥」をモチーフにした折紙作品を展示いたします。一枚の和紙から複雑に折りだされた、今にも動き出しそうな鳥たち。その愛らしい仕草や表情を楽しんでいただくとともに、鳥に親しんだ茂吉の一面に触れていただければ幸いです。
企画展示「創作折紙展 茂吉が詠んだ鳥」

主な展示資料

  • アカショウビン この山にあやしきこゑに啼く鳥は嘴赤し飛びゆける見ゆ
  • オオタカ 谷あひのひらけむとする時しもあれ鷹とびたるにこゑをあげたり
  • カルガモ 最上川ひろしとおもふ淀の上に鴨ぞうかべるあひつらなめて
  • ツグミ きさらぎにならば鶫も来むといふ桑の木はらに雪はつもりぬ
  • ツバメ のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり
  • ヒヨコ あぶなくも覚束なけれ黄いろなる円きうぶ毛が歩みてゐたり
  • フクロウ 梟のこゑを夜ごとに聞きながら「聴禽書屋」にしばしば目ざむ
  • マガン 春の雲かたよりゆきし昼つかたとほき真菰に雁しづまりぬ
  • ムクドリ 椋鳥は群れて戯るるごとく啼く桜桃の花しろく咲くころ

作品協力(制作・提供)宮永智悠(みやなが・ともひろ)