斎藤茂吉記念館 ナビをスキップ
サイトマップリンク集各種申請お問い合わせ
施設/展示のご案内 ご利用/アクセス 茂吉について 記念館の四季 募集案内 財団と事業
施設の概要 展示の概要 常設展示 記念館の周囲 記念館沿革 特別展/特別展示 −

● 常設展示のご案内

赤き華あかき光を一本の道とほりたり ┃ 逆白波のたつまでに ┃ 茂吉以後の歌人
 ◆


3 逆白波のたつまでに

 昭和20年(1945年)の金瓶への疎開、翌年の大石田への移居、昭和22年の帰京、文化勲章受章、そして享年70歳9カ月の生涯を終えるまでの茂吉を紹介しています。


Photo

■ふるさと金瓶、そして大石田へ

 昭和20年4月10日、戦火の東京から上山へと疎開した茂吉(63歳)は妹なをの嫁ぎ先だった斎藤十右衛門家の蔵座敷に落ち着き、ここで終戦を迎えます。翌年1月、出征から帰還する十右衛門家の息子たちに部屋を空けるため、茂吉一家は雪深い大石田(尾花沢市)の二藤部家へと居を移し、敗戦に沈んだ心身を郷土の自然風土に浸すようにして過ごします。

   かぎろひの春さり来る最上川
   うろくづの子もさかのぼるらし  (昭和22年)


Photo
▲茂一宛の葉書

Photo
▲大石田の最上川のほとりにて

Photo
▲冬の大石田にて
(昭和21年)

Photo
▲金瓶にて
(昭和20年)

■茂吉、東京に帰る

 昭和22年11月4日、茂吉(65歳)は二年半ぶりに東京世田谷の帰宅します。そして昭和24年4月には歌集『小園』、同8月には歌集『白き山』を相次いで出版。疎開の間に高めたみちのくの風土と人への思いを結晶させます。
 新宿区大京町の新居に移った翌年の昭和26年11月、文化勲章受章(69歳)。その2年後の2月25日、大京町の自宅で永眠します(満70歳9カ月)。
 茂吉の骨は、上山市金瓶の宝泉寺、東京青山墓地に分骨埋葬され、さらに後年、大石田町乗船寺にも墓が建てられました。

 


Photo
▲文化勲章授与式において(皇居)
後列左から武者小路実篤、初代中村吉右衛門
前列左から米田健輔、柳田国男、茂吉、西川正治

Photo
▲築地本願寺での葬儀(昭和28年3月2日)

 ◆
赤き華あかき光を一本の道とほりたり ┃ 逆白波のたつまでに ┃ 茂吉以後の歌人


▲この画面のトップへ