斎藤茂吉記念館 ナビをスキップ
サイトマップリンク集各種申請お問い合わせ
施設/展示のご案内 ご利用/アクセス 茂吉について 記念館の四季 募集案内 財団と事業
記念全国大会 ジュニア短歌 茂吉短歌ポスト 茂吉忌合同歌会 公開講座 短歌入門講座 −

●斎藤茂吉ジュニア短歌コンクール

募集ちらしイメージ 児童生徒が、短歌づくりに親しみ、郷土のすばらしい風土を再認識、再発見するとともに、美しい日本語を見直すことで、国語力の向上を通した文化の創造と振興を図るために、2003年度(平15)より、小・中・高校生を対象に実施しています。

 第13回目の2015年度(平27年度)は、2015年11月から翌年1月までの募集期間の間に、山形県内はもとより県外を含めた109校から7,977首の応募がありました。それらの作品から県内外の歌人により入選作品200首が精選され、その中からさらに優秀作品50首を厳選、そしてここに紹介する6首(小・中・高校生各2首)が最優秀作品に選ばれました。


第13回斎藤茂吉ジュニア短歌コンクール最優秀作品

小学校の部

そくてんで少しだけ足が上がったら
地きゅうをぐっとおした気がした

上山市立上山小学校
 二年 嶋貫 愛菜 さん
   (しまぬき あいな)

千本ぎねでもちをついたらぷんぷんと
こめのいいかおりしてきたんだよ

上山市立西郷第一小学校
 一年 関野 友春 さん
   (せきの ともはる)

中学校の部

ラ・フランス収穫終わり次は柿
休むことなく家族働く

上山市立宮川中学校
 二年 黒田 彩果 さん
    (くろだ あやか)

赤ちゃんに歯が生えはじめわらうたび
二つの前歯がいっしょにわらう

三沢市立堀口中学校
 二年 相間野 美翔瑠 さん
    (あいまの ひかる)

高等学校の部

雨降ると急に混みだす電車内
押して押されて今日も行かなきゃ

山形城北高等学校
 三年 三井 あくり さん
    (みつい あくり)

冬の夜に一人きりでトレーニング
ひときわ輝く北斗の星は

埼玉県立桶川高等学校
 二年 山内 雅之 さん
   (やまうち まさゆき)
※作品応募時の学校・学年を表記しています

▲この画面のトップへ